日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

加川良、白血病で死去。…70年代フォークソング・ムーブメントを牽引したミュージシャンの思い出を語る

ニュース

  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

加川良、白血病で死去。…70年代フォークソング・ムーブメントを牽引したミュージシャンの思い出を語る

70年代のフォークソング・ムーブメントを代表するミュージシャンの一人、加川良さんが4月5日に亡くなりました。急性骨髄性白血病だったそうです。

僕の中では加川良さんといえば、何と言ってもこの曲「教訓1」。

この曲については個人的な思い出があります。今から約30年前、当時テレビ業界の音響効果という専門職についていた僕は、ある時の終戦記念特番のエンディングに、この加川良の「教訓1」をかけようとしたのです。そうしたらプロデューサーに反対されて侃々諤々の大論争になってしまい、結局残念ながら曲を使うことは出来なくて、悔しい思いをしました。

…だけどなんせ歌詞が、戦争に行かされそうになったら「青くなって尻込みなさい、逃げなさい、隠れなさい」ですからね。今考えると、僕も当時は若くて青臭くて、突っ張ってたんだな…と苦笑してしまう、なんともほろ苦い思い出です。

でもね、日本の政治が右傾化して、安保法制が通り、教育勅語が復活し、共謀罪が成立しそうになり、憲法が改正されるかもしれない今こそ、多くの人…特に若い人にこの曲を聞いてほしいと思いますね。

さて、もう一つ加川良の思い出があります。それは加川さん本人の作品ではなく、同世代のフォーク・ムーブメントを代表するミュージシャン、吉田拓郎の作品の中に「加川良の手紙」という曲があることです。

聞いてもらえれば分かる通り、なんとも軟派でほんわかしたムードの曲なのです。しかし、はっきりと「作詞:加川良」とクレジットされているんですよね。あまりにも「教訓1」の硬派な反戦メッセージとのギャップが激しくて、「本当に加川良の書いた詩なんだろうか?そうだとすればこれは実話なのか?それをなぜ加川氏本人ではなく、吉田拓郎が歌っているのか…?」と、自分にとっては長年大きな謎だったのです。

今回加川氏死去のニュースでそのことを思い出し、あらためて検索してみました。そしたらあっさりと真相が判明。吉田拓郎氏がラジオで「加川良の手紙」を制作した当時の思い出を語っているのです。

…ということで真相は、加川氏の知人の田中さんが書いた手紙の内容を殆どそのまま使わせてもらった、ということなんですね。僕は「加川氏自身が恋人に宛てた手紙なんだろうか?」と思って、社会派メッセージソングの加川良も、プライベートではただ付き合ってる彼女の気を惹きたいだけの普通の男だったのかなあ、なんて思っていましたが、そういうことではなかったんですね(笑)

ということで、30年越しにこの曲の謎が解けました。タイトルは「加川良の手紙」ですが、本当は「田中さんの手紙」が正解なんですね…。

なにはともあれ、70年代フォークソングを代表するミュージシャンである、加川良の強烈なメッセージは、今の時代にこそ再評価され、多くの人に聞いてもらいたいと思います。

謹んでご冥福をお祈りいたします。

たった1回、5分の申請で”ほったらかし”で収入が入る〇〇とは・・・
1
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
  • 9割の人がまだ知らない150%利益の〇〇とは
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

ピックアップ!

ピックアップ!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

カテゴリー

月別アーカイブ

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!