日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

詩織さん、中村格氏の参考人招致が要求されれば安倍政権は瞬殺!一気に解散総選挙もありうる

ニュース

詩織さん、中村格氏の参考人招致が要求されれば安倍政権は瞬殺!一気に解散総選挙もありうる
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

7月19日のニューズ・オプエドでは、政局情報に詳しいジャーナリストの藤本順一氏が、都議選後安倍政権の支持率が急落してきたことに伴い、この夏どのように政局が動いていく可能性があるかをじっくり語っていた。この内容をご紹介したい。

野党が本気を出せば安倍政権打倒は可能!しかし政権交代のためには、今安倍政権が倒れるのがいいかどうかは…?

今度の閉会中審査で、「準強姦疑惑」の被害者として告発している詩織さん、そして山口敬之氏の逮捕をもみ消したとされる中村格の参考人招致が要求されるのではないか。おそらく、安倍総理は断るだろう。断った瞬間に安倍政権は終わる。しかし、民進党側に本気でそこまで攻める気があるかどうかが問題。もし攻めれば、それによって内閣改造の組閣が変わってくる可能性があり、甘利、麻生あたりが幹事長に就任した場合は、即刻解散を打つかもしれない。しかし民進党は「選挙はやりたくない」と思っているフシがあり、はっきりしない。

これに蓮舫氏の身の処し方が関わってくる。昨年の代表選の時にはまだ二重国籍状態だったことで、結果として嘘をついていたことになる。とすると代表選の正当性に疑問符がつく。もう一度代表選をやり直すか、信任投票をすべきではないか。そうでないといつまでもこの問題が尾を引くことになる。民進党は分裂問題がくすぶっているが、執行部の立場からすると、民進党から出ていこうとする議員に対して「出て行く理由を与えない」ことが重要。

自民党側は(自転車事故で1年ほど入院していた)谷垣氏が復帰できるかどうかが鍵。かなり回復しているらしい。谷垣氏が復帰できれば安倍総理が引っ込む可能性がある。そのあたりがこの夏、非常に重要になっている。

内閣改造で小泉進次郎、橋下徹が入閣することはもうあり得ない。7月2日、都議選の結果が出た夜に、安倍、麻生、甘利、菅の4人で会ったということは、党内に向かって「この4人で政権を維持していくぞ」というメッセージ。もし甘利幹事長ということがあれば、早期解散だろう。二階氏はやや判断力に疑問符がついている。慎重派の二階氏にしてはこの所ちょっと発言がおかしいところがある。

来週の閉会中審査で加計問題の次に稲田問題、準強姦疑惑問題のどこを攻めるのか。民進党がどこまでやる気があるか次第で、安倍政権を倒すことは可能。しかし、本当に倒す気があるのかどうか…?倒して代わりに(リベラル派でソフトイメージの)谷垣氏が出てきたら、支持率は上がってしまうだろう。自民党内にも「このまま安倍政権とともに自民党が沈んでいくのはごめんだ」と思っている人は多い。岸田外務大臣は次は幹事長を希望しているが、「安倍・麻生連合」に対抗するこの「アンチ派」の頭を取れれば総裁の可能性もある。もちろんこのアンチ派の頭に谷垣氏がなる可能性もあり、そのあたりはまだわからない。

ところで、準強姦疑惑の山口敬之氏は、未だに「夕刊フジ」で原稿を書いているのだ。このことは会社(産経新聞社)の社長も知らない。ここ2週間ぐらいの夕刊フジの政局記事は、山口氏によるもの。夕刊フジは安部首相の「後援会誌」のようなものだから。山口氏本人は、国内に潜伏しているようだ。

出典 http://op-ed.jp

…ということで、藤本氏は現状でも野党が安倍政権を倒すことが可能だという。そのキーになるのが準強姦疑惑事件の詩織さん、中村格氏の参考人招致とか。

藤本氏がここまで踏み込んだ発言をする理由は、藤本氏、そして参議院議員の有田芳生氏、その他にも複数のジャーナリスト、政治家が「準強姦疑惑事件には、安倍政権を一発でふっ飛ばすほどの爆弾がある」とほのめかしているのだ。それが具体的に何なのかは噂レベルでもまだ出てきていないが、例えば中村格氏が官邸の意を受けて、山口敬之氏の逮捕をもみ消したことを裏付ける「動かぬ証拠」があるとすれば…たしかにそれもうなずける。首相自ら犯罪のもみ消しに手を染めたことになるのだから、それは一発でゲームセットだろう。

しかし問題は、民進党がそこまで踏み込んで安倍政権を倒す気があるかどうかだ。これは単に民進党がヘタレ、弱腰だからという問題ではなく、政権交代を目指すには、いま安倍政権が倒れることは必ずしも得策とは言えない、という事情があるのだ。つまり、安倍内閣が解散を打つことなく総辞職すれば、とりあえず自民党の中から次の総理が選ばれることになるが、藤本氏が言うように、思い切って谷垣政権の誕生、なんてことになれば、安倍政権ですっかり評判を落としたタカ派・極右路線から、一気にリベラル路線にかじを切ることになり、新鮮味が出るので、一気に支持率が回復するかもしれない。こうなると野党側は対立軸を明確にすることが難しくなり、「反自民の受け皿」となるハードルが上がってしまう。つまり、安倍政権は倒せても、政権交代は遠のくことになりかねないのだ。

また、年内に解散となった場合でも、なかなかまとまらない野党共闘がそうすぐに進展するとは思えず、結局また自公政権になってしまう可能性が高いといえるだろう。

ところで、「野党共闘の軍師」とも言える自由党代表の小沢一郎氏が、以下のような発言をしているのをご存知だろうか?

出典 http://www.asyura.us

 自由党の小沢一郎共同代表は17日、都内のホテルで開いた自身の政治塾で講演し、小池百合子都知事が特別顧問を務め、東京都議選で圧勝した「都民ファーストの会」に言及した。

 「僕ならもっと候補者を立てた。もっと立てたら、(都民ファで単独)過半数を取れたと思う」と述べ、候補者の擁立数を増やしていれば、都民ファ単独での過半数獲得を含めて、さらに勢力拡大ができたと分析した。

出典 http://www.nikkansports.com

野党共闘の軍師、「豪腕」小沢は、小池新党との連携を狙っている。そして民進党の行方は…

これはどう見ても小沢氏が小池都知事に対して「あなたが選挙の顔になり、私がバックで参謀として支えれば、天下を取れる」と暗にメッセージを送っているとしか思えない。明らかに小沢氏は政権交代に向けて小池新党との連携を視野に入れているのだ。

もし政策面で折り合いがつき、「野党共闘の顔」として小池都知事が野党サイドに付くとなれば、これは政権交代の可能性が大きく現実味を帯びてくるといえるだろう。小沢氏と小池都知事は新進党、旧自由党で行動をともにした、言わばかつての師弟関係。決して遠い存在ではない。ここは「豪腕小沢」の腕の見せ所だ。

もしいざ政権交代をかけた総選挙となった時、この小池新党を含む野党共闘が固まり、なおかつそれまで安倍政権が支持率を落とし、ふらつきながらも延命していたとすれば、政権交代の可能性はMAXまで高まるだろう。

出典 http://i0.wp.com

そこでもう一つの問題は民進党がどうなるかだ。現在でも崩壊寸前だが、藤本氏は「もう一度代表戦をやるぐらいの手を打たないと危ない」と見ている。民進党はいつまでも方針がフラフラと固まらず、これまでも野党共闘の足を引っ張ってきた。もはや政党の体をなしているとは言えないだろう。筆者個人の意見としては、民進党にはもう崩壊してもらって、一気に野党再編、新党結成にもって行ったほうが、野党共闘はうまくいくのではないかと思うのだが、どうだろうか。

政局は微妙な問題も含んでおり、難しい局面ではあるが、俄然面白くなってきた。


このように地上波テレビでは絶対に見れないレアな暴露情報が満載のニューズ オプエド、政権ベッタリで真実を報じないNHKなどやめて、この機会にニューズ オプエドに有料会員登録してみてはいかがだろうか。


稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
1
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

ピックアップ!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

カテゴリー

月別アーカイブ

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法